僕はこんな感じで生きてきました。そして、癒しの部分であるMINOwhatchを最優先で立ち上げます。
戦うのが嫌いになりました。残りの人生は癒しだけを考えて生きていきたい。温かい気持ちを共有できたらと思います。
■略歴


本名:箕輪裕也(みのわ ゆうや)
1975年5月27日生
横浜生まれ。
タイ王国にて、タイ古式マッサージ・ハーブボールの資格取得。
■1998年3月 二松学舎大学文学部国文学科卒


6歳からフルコンタクト空手を始め、幼い頃から『何故、怪我をさせる必要がるあるのか?』
という疑問を持ちながら様々な武道や格闘技を練習する。しかし、武道や武術の奥深さにも興味を深めていく。

大学卒業後、某上場企業に入社するが、どうしても幼い頃からやっていた格闘技に集中したかったため2000年3月に退社。
第3回総合格闘技大会重量級3位、コマンドサンボ普及大会重量級優勝など活躍するも、
徐々にリング上で戦うことに違和感を覚え始め、全く勝てなくなり試合には出なくなる。酷い挫折感に悩む。
■2001年4月


社会人時代の貯金もなくなり目標を見失いかけていたが、武道や武術、格闘技の技術(施術も含む)を
もっと社会還元できるのではのではないかと考え始める。
世田谷区の公共施設を借りて、某武術団体の先生から教わった施術とキック等の格闘技をを融合させたエクササイズ『キックネス』
を立ち上げる。敷居を下げ誰もが参加できる効果的なレッスン作り志すも、最初の1年目は参加者は4人だけ。
この頃は施術はすべて無料で実施。


■2002年


試合には出ないものの、一般人でも使える護身術の模索や自身の武術への興味
また、船橋武術研究会等で施術の方も様々な先生について教わる。
この年の4月に読売文化センターでキックネスのレッスンを開始。
ここから着々と、東京、神奈川、埼玉、千葉とレッスンや施術を広げていく。


■2005年

キックネスのオリジナルプログラムの前半部分のみを実施する。骨盤矯正のレッスンを開始。
開始と同時に時流に乗って、ボクササイズブームが終わりを迎え急激に減ってきた生徒数が、また爆発的に増えてくる。
■2008年

この頃、レッスン数も週に30を超える。隔週行われるレッスンが主体なため生徒数も300〜500人は平均していた計算になる。
しかし、自分の理想との食い違いに違和感を覚える。そんな時に、友人に勧められタイに渡る。
マッサージだけではなく、タイの様々な文化に触れ、さらに体の改善や癒しに対して探究心が深まる。
■2010年〜2011年2月
 
もっと、理想的な施術やレッスンをしたいと考え、スポーツクラブやサロン、カルチャースクールを段階的に解約し2011年12月に全て終了。
時間が空いたのもあり、前々から興味を持っていた介護の職に就く。
現在、老人ホームにて介護の仕事を実施中。施設内で寝たきりの方や高齢者の方に施術の方も実施。さらに自分の見識を深めていく。



NHK文化センター
潟Jルチャー
産経学園
シダックスカルチャークラブ
東京カルチャーヴィレッジ
読売文化センター
WOW’D
コナミスポーツ
他、多くのスクールやスポーツクラブ等で施術やレッスンを実施するも現在全て終了。
また、イベントも多く開催。


■2011年3月
出店準備を進めている矢先、東日本大震災が起きる。
震災直後からボランティア活動を開始する。
ボランティアサークルである東日本大震災を癒すセラピスト委員会を立ち上げる。

■2011年6月15日
予定より1ヶ月遅れたが、タイ古式マッサージ骨盤矯正の専門サロン『MINOwhatch』をオープン。
現在に至る。

タイ古式マッサージ・骨盤矯正専門サロンMINOwhatch(ミノワッチ)

東急東横線東白楽駅より徒歩2分 JR東神奈川駅(横浜線、京浜東北線)より徒歩5分 京急仲木戸駅より徒歩7分

MINOwhatch(ミノワッチ) 特徴 menu 住所・電話・営業時間など イベント history MINOwhatch blog/お店の告知用(臨時休業、イベント他)/所感等用 
mobile ミノワッチのtwitter mail  googleプレイスミノワッチページ ミノワッチmixiページ タロット占い